いのししのひとりごと

ワタシノトリトメナイハナシ

日の丸マスク

ひと月ほど前、家の中で、突然、鼻血が出た。

鼻血はめったに出ないので

ちょっと驚いた。

でも、量は多くないし、すぐに止まったので

前日、鼻をかんだときに、粘膜を痛めたのかなと

軽く受け流した。

 

そんな鼻血のことも忘れそうになっていたころ

今度は、出先で、突然、鼻血が出た。

マスクをしていたので

白いマスクに赤い鼻血が鮮やかにしみ込んだ。

 

人前で鼻血を垂らしている自分。

あまりのかっこ悪さに顔から火が出そうだったが

 

マスクにしみ込んだワタシの鼻血は

上手に円を描いていて、思わず笑ってしまった。

真っ白な四角いマスクのほぼ中央に、真っ赤な丸。

まるで、日の丸みたいだ。。

 

周りに、鼻血だと、ばれてしまっただろうかと頭を抱える自分と

いやいや、鼻血じゃなくて

日の丸デザインのマスクと勘違いする人もいるかもしれないと

ふざけた想像さえできる冷静な自分が混在し

それなら、鼻血だとばれるほうがまだましだよねと

結論付ける自分がいて

つまりは、それほど、動揺していたということだろう。

 

さて、あれ以来、鼻血は出ていないけれど

出かけたときには

日の丸マスクになってやしないかと

たびたびマスクを取っては、確認する癖が

すっかりついてしまっている。