本ヲ読ム

kareiko 読書感想文

「学歴分断社会」 吉川徹

 

学歴分断社会 (ちくま新書)

学歴分断社会 (ちくま新書)

  • 作者:吉川 徹
  • 発売日: 2009/03/01
  • メディア: 新書
 

ワタシの人生の岐路は、高校時代だと思う。

それは、よい意味でも悪い意味でもある。

進学した高校のおかげで学歴を得て、進路は開けたのだが

同時に、自分の生きる世界にずっと居心地の悪さを感じてきた。

周りの人たちと自分との違和感、ここは自分の居場所ではないような孤独感。

そして、それが、何故なのか考え続けてきたが、明確な答えを探し当てられず

ここまできてしまった。

 

その長年抱えてきた生きづらさの理由が

この本には、書かれていた。

ワタシは、自分の人生の謎が解けたようでホッとした。

生きづらさの正体が分かったことで、これからの私の生きる指針が見えてきた。

そして、この分断線を越えさせてくれた両親の苦労を思うと、胸が詰まった。

 

本著で論じられているのは、この国は、学歴によって社会が分断されているという事実だ。

大卒と高卒との間には、黒々と線が引かれ、生活や文化的資本に差が生まれている。

そして、この学歴が親から子へと引き継がれ

学歴による社会の分断の悪影響が顕著になっている。

分断線を越えるハードルを下げなければ

学歴分断社会は、さらに、強固に、固定化してしまうのではないか。

分断線のハードルとは、学力だけではない。

文化資本の差である。

 

たとえどんな環境であろうと、人間は生まれ育った環境が身に染み付いている。

そこから飛び出すことに、抵抗しようとするのは

身を守るという本能のなせる技ではないのだろうか。

つまり、文化の違い、文化資本の差によるストレスを潜在的に知っている。

学歴のいらない社会に入っていく場合においても、同じことが言える。

だから、分断線を越えるには勇気と後押しが必要になる。

 

ここで、ワタシの生きづらさのわけと繋がっていく。

それは、ワタシが、この分断線を経験したからである。

ワタシは、第二次ベビーブーム世代。

地方出身で、両親に学歴はなく、家庭は貧しかった。

母は、自分たちに学歴がないことで、随分と嫌な思いをしたようで

子どもを大学に行かせるのが目標だったらしい。

ワタシは、生まれた町から少し離れたいわゆる進学校と言われる高校に進学し

のちに、そこから大学へと進学することとなる。

 

この進学した高校で、ワタシは、自分の足場を見失うことになった。

中学時代同様、友達もすぐにできるだろうとたかを括っていたのだが

そこに通う同級生たちに、ワタシは、最後まで馴染むことができなかった。

その理由を、単に家庭の貧しさに自分が卑屈になっていたからだと長らく

思い込んでいたのだが

生まれ育った環境による土壌の違い

つまり、文化的資本がワタシにはなく、彼らにはあったことが

大きな理由ではないかと本著を読んで理解したというわけだ。

 

分断線を越えるというのは、単に学歴を得るということではなく

これまでとは違う生活環境や思想の中に入っていかねばならないということだ。

ワタシの生きづらさのわけがここにあったのだとようやく分かった。

通ったあの高校は、その分断線だったのだ。

そして、ワタシは、この分断線の苦悩を引きずったまま、あれからずっと生きてきた。

 

分断線を渡っても、ワタシは、大学の友人より、高校の友人より

中学の友人と一緒にいる時が、もっとも心地良い。

分断線の上で繰り広げられるウソや欺瞞に、いまだに耐性がない。

 

 

 

「News Diet」ロルフ・ドベリ

 

News Diet

News Diet

 

 ニュースを知らなければ、生きていけないと思い込んでいた。

 

新聞は一通り目を通す。

テレビのニュースは、朝、昼、夜。

スマホを開けば、TwitterYahoo!ニュース。

気づけば、1日の多くの時間を、情報に接していた。

 

本著は、タイトルどおり

ニュースをダイエットするための本である。

現在の情報社会の実態と

それが人々に及ぼしている悪影響

そして、ニュースを断つことで得られる効果が

わかりやすく書かれている。

 

ここ数年、自分自身がニュースの海で溺れているという

強い自覚があった。ところが、どうすればよいか、それを知りたくて

さらに情報を集めるという悪循環を招いていた。

 

読後、自分の目の前に辿り着くべき島が現れた。

岸までは、もう少しだ。

早速、取り組んだ。

 

新聞は、好きなコラムと気になる特集記事だけ読むようにした。

テレビのニュースは、見ないようにした。

ネットニュースを遮断するため、スマホから、Twitterとyahooのアイコンを削除した。

自分の主要な情報源を専門家と本物のジャーナリストの本を中心に据えることとした。

 

途端に、ワタシは、ワタシの時間を取り戻した。

目の前に、突如ワタシの自由な時間が現れた。

おお、これって、まるで子ども時代と似ている。

ニュースに触れることもなく

自分の好きなこと、興味あることに夢中になって

自分の時間を過ごした子供の頃。

 

ワタシは、図書館で本を借りた。

庭の草むしりを飽きるまでやった。

最近、ギターを始めた。

毎日が、新鮮で、楽しい。

 

「夫のトリセツ」 黒川伊保子

 

夫のトリセツ (講談社+α新書)

夫のトリセツ (講談社+α新書)

 

もし、20年前に、この本があったら

ワタシと夫との日々の生活は、ずいぶん違ったものになっていただろうか。

いやいや、今現在、夫との仲がこじれているというわけではないのだが

これまでのワタシの夫に対する多くの不満は、この本を中身を知っていれば

たいていは、即座に解消されてしまうものばかりだったなと思う。

男という生態を知らずして、女という生態を知らずして、結婚するなかれ。

 

この本で、もっともの驚きは、浮気の概念だった。

女性は、生殖能力に身体的限界がある一方

男性には一般的に生殖能力が生涯にわたってあるので

その生殖能力という本能に突き動かされて浮気をするのは

男性の方だと思っていたのだが

実は、身体的限界がある女性の方が、浮気に積極的な性という

ことを知り、驚いた。

 

しかし、なるほど、子どもを産んだ途端

女性は、いきなり子どもしか眼中に入らなくなる。

これが本能の為せる技ならば、次の生殖機会を窺う

女性性にスイッチが入るのも至極納得がいく。

 

人間にとって、結婚生活を続けていくことは

脳科学によると、実はそう簡単なことではないらしい。

それでも、人間が、結婚生活を続けるのは

そこに人間であるからこその喜びがあるからだ。

本著は、今、結婚生活を送る人、これから結婚する人たちへの

著者からのエールのような本である。

「原発難民」 烏賀陽弘道

 

 この本を手に取ったのは

今年が東日本大震災、そして、福島原発爆発事故から10年という

節目の年だったからだ。

 

あれから10年、言葉で言うのは簡単だが

原発事故の被害者は、どういう思いで過ごしてきたのだろう。

新聞、テレビ、ラジオ、マスコミが伝える報道を目にし、耳にしながら

自分の中に一つの疑念が浮かんできた。

ワタシは、原発事故被害者の実態を本当に知っているのだろうか。

 

原発難民」

この衝撃的なタイトルを目にして始めて

この国に難民がいるのだという事実を突きつけられた気がした。

 

マスコミは、原発事故の被害者を震災の被害者と一緒くたに扱っていると感じる。

津波地震による被害と違い、原発事故の被害には明らかな加害者がいる。

東京電力、そして、原発政策を推進してきた歴代政府である。

 

難民とは、政治的、経済的に住むところを奪われた人たちだ。

原発による被害者は、まさしく難民である。

ワタシたちは、10年前、この国に難民を作り出してしまったのだ。

この本を読み、ワタシはようやくその事実に気がつき、愕然とした。

 

原発事故によって、難民となった人々が奪われたものは

住む場所だけでない。人生そのものなのだ。

加害者である東京電力と国家機関がそれを自覚しているとは到底思えない。

そして、マスコミの報道も、、

 

ワタシは、あれから10年など、もう簡単に口にできない。

「命売ります」三島由紀夫

 

命売ります (ちくま文庫)

命売ります (ちくま文庫)

 

いわゆる普通の日常に価値を見出せなくなった時

人は、生きる意味を失う。

会社に勤め、家族を持ち、社会システムに組み込まれてしまうことが

人間が生きるということなのかという疑問は

多かれ少なかれ、誰しもの人生の中で一度は浮かんでくるものではないだろうか。

 

主人公は、この人間の営みに嫌気がさし、生きることをやめることにした。

そうして、自殺を図るものの、失敗してしまう。

生き残ってしまった彼は、自殺するのではなく、命を売ることにした。

 

命を売るという商売の中で

主人公はアングラと繋がってしまう。

しかし、そこで出会う女たちを愛し 愛されることで

命など惜しくないと思っていた彼は

いつしか生に執着することになっていく。

 

一見、ありがちな物語だが、そこは三島由紀夫だ。

先が見えそうで見えない、ストーリー展開と

深刻に捉えがちなテーマを、時に滑稽に笑いにするのは

三島の筆でしかありえない。

 

命に対して冷め切っていた主人公が

最後には、笑ってしまうほどかっこ悪くなる。

 

生きるということは、スマートでもなんでもない。

泥くさいことなのだ。

三島は、そう言いたかったのだろうか。

 

 

「青い鳥」 重松清

 

青い鳥(新潮文庫)

青い鳥(新潮文庫)

 

 

子どもが通う学校にムラウチ先生がいたらいいなと思った。

ワタシが通った学校にムラウチ先生がいたらよかったなと思った。

学校だけでなく、ムラウチ先生のような大人が

子どもたちの周りにいるといいなと思った。

ワタシが子供の頃にムラウチ先生のような大人が

周りにいたらよかったなと思った。

 

ムラウチ先生は、国語の先生。

非常勤の先生として、問題を抱えた子供のいる学校に突如現れる。

ムラウチ先生は、ドラマや映画で描かれるような

快活で、やる気がみなぎり、生徒を指導する熱血教師とは、真逆のタイプである。

 

見た目も冴えず、吃音がひどく、授業にも支障がある、それなのに国語の先生。

子供たちは、はじめは、ムラウチ先生の外見で、彼を蔑むのだが

吃りながら話す先生が、ほんとうに伝えたい言葉だけを発しているということに気がついていく。そうして、先生の存在が、子供たちの傷ついた心を癒やしていく。

 

子どもたちは、いろんな思いを抱えている。

けれど、その思いを表現するだけの言葉や態度を持たず

自分の中でわけが分からず、悶々とする。

逆に、いわゆる大人は、言葉や態度は獲得したが

それを本当に必要なことを伝えるために使っているかといえば

それは否だろう。

いま、ワタシたち大人は

言葉や態度という人間としての大切なコミュニケーション手段を軽んじ

間違った使い方をしているのではないか。

間違った使い方とは、人を貶め、欺くために、言葉や態度を利用しているということ。

 

本の中で、ムラウチ先生は、大切なことを

読者に伝えようとしている。

子どもに寄り添うこと。

子どもたちに教えることは正しいことではなく、大切なこと。

子どもがやりたいと思ったことは、何をさておき、優先すること。

子どもが嘘をつくのは、ひとりぼっちになりたくないから。

などなど。。

 

この本は、ワタシにとって

大人とは、どういうものかを教えてくれた大切な一冊である。

 

 

「息子のトリセツ」 黒川伊保子

 

息子のトリセツ (扶桑社BOOKS新書)

息子のトリセツ (扶桑社BOOKS新書)

 

 

我が家の息子は、もうすぐ思春期に突入する。

対処法を知りたくて、この本を手に取った。

「息子のトリセツ」

 

本書には、これまでの育児を後悔することはないと書かれているけれど

そりゃもう、後悔しきりだった。

脳科学者である著者の脳科学に基づいた子育て法によって

育った著者の息子自慢を読めば

そりゃ、後悔しない方がおかしいでしょ。

男の子の脳構造を理解せず、これまで息子に接してきたことに後悔しきりである。

だけど、この本に出会えたのは、後悔どころか

ホント、読めてよかったという気持ちである。

 

母親にとっての息子の可愛さの理由は、そうそうと納得。

やりっぱなし、散らかしっぱなし、片付け下手で

気が利かないし、上の空、要領が悪く、ボーッとしているのは

ワタシの息子だけかしらと思っていたが

男の子の脳はそういうものかと知り、ホッとした。

世話を焼きすぎては本人のためにならないのではという葛藤で

子育てしていたけれど、これで心置きなく世話を焼いていいんだってことも

分かって、また、ホッとした。

 

思春期の対処法も手に入れた。

少し寂しくなるけれど、18歳になる頃には

落ち着くことを知っていれば、目の前に一喜一憂することもない。

食事や睡眠の大切さも説かれていて

息子にしっかり食べさせ、しっかり眠らせることが

これからのワタシの任務だと自覚したのであった。

 

息子の取り扱い方を知りたかっただけなのに

読後には、息子だけでなく、夫や父や弟

はたまた母や義母や祖母の気持ちにも

なんだか少し寄り添えたような気がした。